ジュディ ガーランド 同性愛者

ジュディ ガーランド 同性愛者

ジュディ ガーランド 同性愛者



2020年3月6日に日本公開される、歌手であり俳優のジュディ・ガーランドの伝記映画『ジュディ 虹の彼方に』。この映画の中にはジュディを長年愛する二人のゲイの人物が登場している。また、LGBTQ+の人たちが自らの象徴とするレインボーフラッグはジュディ・ガーランドが歌う「Over The Rainbow ...

ジュディ・ガーランド(Judy Garland、1922年 6月10日 - 1969年 6月22日)は、アメリカ合衆国の女優、歌手。 子役として出演した『オズの魔法使』で大人気を博し、以後も『スタア誕生』などで抜群の歌唱力を披露して1940〜50年代のハリウッドを代表する大スターの一人となった 。

ゲイ・アイコンの元型の一つはジュディ・ガーランドである 。 "Culture Clash: The Making of Gay Sensibility"の著者Michael Bronskiは、「ストーンウォール時代直前のゲイ・アイコンの中心的な存在」とガーランドを評している 。 映画『オズの魔法使』で演じたドロシー役で知られるガーランドのゲイ ...

 · ジュディ・ガーランドの晩年を描いた伝記映画『ジュディ 虹の彼方へ』。レネ―・ゼルウィガー主演で、波乱に満ちたジュディの生きざまを描いた同作に登場した、“小さいけれど重要な役”となったlgbtq+キャラは実際に存在した人なのか?そして、なぜジュディはlgbtqアイコンとして愛されて ...

ゲイ・アイコンと呼ばれるスターの中でも、最も有名なのはジュディ・ガーランドだ。現在公開中の『ジュディ 虹の彼方に』にも、あるゲイ ...

彼はホモセクシュアルだったのだ。当初は伯父が経営する劇場で歌っていたが、基本的に同性愛者であったフランクは噂が流れると追い出され ...

私はよく知らなかったのですが、ジュディ・ガーランドは同性愛に対して理解のある人間でした。彼女のWikipediaから引用しますと(注釈の番号は省略。以降の引用も同様)、 >ジュディ自身もバイセクシュアルだったとされる 。

 · ハリウッド女優 ジュディ・ガーランド 1939年 米国のミュージカル映画「The Wizard of Oz (邦題:オズの魔法使)」が上映された。赤い靴を履き、子犬のトトと共に、愛らしいその姿で観衆の目を釘付けにした美少女ドロシー。その、おさげ髪であどけない主人公を演じたのは当時16歳に …

ジュディとライザには複数の夫がいた. ジュディは5回結婚しました。それらの夫のうちの2人、ビンセント・ミネリと彼女の次の夫、マーク・ヘロンは同性愛者でした。ジュディはゲイであることを発見した後、ヘロンと離婚し、ヘロンを虐待していた。

ジュディは、1969年47歳にして睡眠薬の過剰摂取で死去した。 当時、ジュディは同性愛者に対して理解を示していた数少ない有名人の一人であり、 セクシュアルマイノリティのアイドル的な存在でもあった。 そして、ジュディ自身もバイセクシュアルだった。

ジュディ ガーランド 同性愛者 ⭐ LINK ✅ ジュディ ガーランド 同性愛者

Read more about ジュディ ガーランド 同性愛者.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Doing you best is more important than being the best.
Guest

If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.

Guest
Happiness is a way station between too much and too little.
Calendar
MoTuWeThFrStSu